目立ちにくい施術

目元

新しい技術で糸が取れにくくなった

二重整形の中でも手軽さを理由に断トツで人気があるのが、埋没法によるプチ整形です。埋没法は髪の毛よりもさらに細い糸を使い、皮膚を結んで固定することで、二重まぶたを創り出すことができる施術方法です。これは費用が安いだけでなく、施術時間も短いことで知られ、若い女性にも人気がありました。しかしながら、糸で固定しているだけなので、どうしても摩擦に弱く、糸が取れやすいという問題点も多数報告されていたのです。しかしながら、埋没法の技術の開発が進んだ結果、取れにくいだけでなく、施術の跡が目立ちにくいように改良されました。以前の施術方法では、糸を結んだときにできる糸玉の跡が目立ってしまいましたが、糸玉を埋没させて瞼板としっかりと固定されることで糸玉を目立ちにくくさせるという効果をもたらします。さらに、瞼板をしっかりと固定させるので、摩擦により糸が解れにくくなったのです。これだけ技術改良がなされたにもかかわらず、費用は従来のままでより美しい仕上がりの二重まぶたに仕上がります。

埋没法という二重のプチ整形を利用するのは、やはりメスを使った手術をしたくないという理由からです。メスを使えば永久的に整形の効果が持続しますが、失敗したときのリスクも高くなります。できればメスを使わずに手軽に二重になりたいという患者からの要望を叶えてくれるのが埋没法であり、多くの利用者から支持されているのです。以前は糸が取れやすいといわれてきた埋没法でしたが、改良が加えられたことで摩擦に対しても強くなり、糸が取れにくくなりました。依然として費用は安くてコンプレックスを手軽に改善することができるので、とても人気がある方法です。目元というのは顔のパーツの中でも重要な要素となります。整形で目元を変えるだけで顔の印象は大きく変わります。鼻や唇を整形したときよりも目元を変えたほうが効果が高いので、それだけ高い費用対効果を期待することができます。二重のデザインの中でも並行した綺麗な形状が人気を集めています。これは、埋没法でも2箇所を糸で留めることで完成します。

Copyright© 2019 自分の希望通りの仕上がりにしてくれるクリニックを選ぶ All Rights Reserved.