理想のまぶたを作ろう

注射を打つ人

施術をするときのルールや内容を覚えよう

二重まぶたを作りたいときには美容整形外科を利用しましょう。利用をするときにはルールやマナーがあるので注意しておきましょう。基本的に美容整形外科を利用するときには予約が必須です。これは美容整形外科のホームページに行き専用フォームから手続きを行います。また二重まぶたの施術については当日に注意することがあるので知っておくとよいです。まぶたを施術するものなのでマツエクはやめておきます。さらに当日は通帳やキャッシュカードなどが必要です。また施術をするときにはメイク落としなども必要になるので揃えておきましょう。ちなみに費用については埋没法と切開で違います。さらに帰るときの交通費用にも注意しておくとよいです。二重背系をしてそのまま歩いて帰る場合施術箇所が目立ちます。そこでタクシーなどを利用して帰宅するのがおすすめです。タクシー費用も考慮してお金を持っていくと良いでしょう。施術後はアイメイクなども控えてマッサージや目をこする行為なども避けないといけません。

美容整形外科に行き二重整形をする前に埋没法と切開の違いを理解しておきましょう。基本的に切開のほうが費用が高いです。物理的に皮膚を切開して二重まぶたを作ります。そのため時間経過により元の状態に戻ってしまうリスクがありません。コスト面が高いですが半永久的な効果を得ることができるのが最大の強みです。長期的に見ると費用対効果はかなり高いでしょう。埋没法は医療用の糸を使用して二重まぶたを作ります。糸を使用するので効果が切れてしまうと元の状態にもとってしまいます。ただし初期費用が非常に安く片目だけなら約1万円で利用できるのがメリットです。初めて美容外科を利用している方や、ちょっと二重まぶたにしたいという人に人気があります。ちなみに埋没法は何点留めかにより効果が大きく変わるので理解しておきましょう。2点留めや3点留めは1点留めよりも効果が高いです。若干コストはかかりますが長期的に二重まぶたを維持することができます。切開か埋没法かは費用を考えて利用するのがよいです。

Copyright© 2019 自分の希望通りの仕上がりにしてくれるクリニックを選ぶ All Rights Reserved.